地震に強い家の選び方

>

頑丈な家に必要な素材とは

この記事をシェアする

柱 

柱は家を支えるベース部分となり、とても重要な役割を果たします。
そこで気になるのがその素材ではないでしょうか。
大きく分けて一般的には木、鉄筋コンクリート、鉄骨の3つの構造に分かれます。
木は金属で周囲を固定したりしますが、日本の気候にも合っていて、木材は呼吸するといわれるように湿気を逃してくれたり、将来リノベーションがしやすいというメリットがあります。
鉄筋コンクリート造りの家は木と比べ腐りにくく、防音などにも優れている一方で費用が高くなってしまいます。
そして鉄筋は丈夫ではありますが、サビてしまうという部分があり、木、鉄筋コンクリート、鉄骨の3つのどの素材を使ったとしても、メンテナンスさえしっかりしていれば、問題がないとされているようです。

床や壁はどうでしょう

柱部分だけではなく、床や壁を強くすることで家をさらに地震に強い家にすることができます。
例えばいきなりフローリングを敷き詰めるのではなく、その下に構造用合板と呼ばれる強い床を作ることで強度が増します。
床を強くすることで家がねじれたりするのを防ぐことができます。
壁は大きくわけて2種類あり、1つは筋かいと呼ばれ、柱を斜めに入れる事で耐力性を強める事ができるものです。
もう1つは壁自体が強い耐力性をもつもので、面材耐力壁と呼ばれたりしています。
それぞれの建設会社で独自に開発されているものも多いので、その値段や耐力性を確認して後悔のない壁選びをしたいものですね!
各社を比較したサイトもあるようですので、インターネットで冷静に判断するのもよいのではないでしょうか。