地震に強い家の選び方

>

地震に強い物件を選ぶ際におさえておきたいポイントとは

この記事をシェアする

その土地の歴史を知ろう

素人でも想像できる範囲で分かるとおり、埋め立て地は地盤が弱いです。
特に、もともと田んぼや畑だった場所は、地盤がふわふわした状態です。
いくら土を機械で頑丈に固めていても、そういった土地は泥や水分が多く、数年経つと地面が歪んできたりすることがあります。
全く知らない土地で新居を構える場合、その場所がこれまでどういう用途で使われてきたのかを知ることはとても重要になります。
また、傾斜面を削って土地を作る「切土」と、見た目は同じようでも斜面に土を盛って作る「盛土」と呼ばれる土地では切土の方が地盤は強いです。
なぜなら、切土の場合、元々の地面を家が建てられるように余分な部分をカットしただけだから。
一方、盛土はカットした部分に更に土を盛り、それを固めた土地になるので、畑だった場所を埋めるケースと同じといえます。

地盤が弱いかチェックするポイント

一番簡単なのは、購入しようと思っている物件の周辺に住む方に聞いてみる事です。
しかし、広い範囲で田畑を埋め立てて作った家が立ち並ぶニュータウンではその事情を知らない方も多いはず。
そこで、近くの地面なども確認すると良いでしょう。
例えば近くに川があるか、車道が歪んでいないか、周辺で長年建っていそうな建物にヒビが入っていないか実際に歩いて回ると良いでしょう。
また、インターネットでも地盤の強弱を地図で表しているサイトも多く、参考にできそうです。
実際に起こった裁判では、地盤調査は売手がするとされた事例もありますので購入前に必ず売手に確認もしましょう。
もし、地盤調査を専門家へ依頼する場合、戸建ての場合であれば5万円前後でできるようですので、これで安心が買えると思えばそこまで高額ではないのかもしれません。
また、その結果次第で土地の値段も大きく左右されることでしょうから、重ねて確認をしたいところですね。